こちらではクラウドサインの設定方法についてご説明します。
※製品についてのご説明はクラウドサインまでお願いいたします。

クラウドサイン アカウント連携方法についてはこちらまで


書類ステータス確認

タイトル:

変数ON:トリガーや前のアクションのデータを引っ張って来ることが可能になります。複数をアレンジしたり文字列を間に挟むことも可能になります。
変数OFF:文字列を入れただければクラウドサインでのタイトルになります。

ステータス:

クラウドサインで利用されているステータスの選択式になります。

以上です。


連携例

・クラウドサインが 「締結済」 になったらSlackに通知されるなどが可能になります。
・クラウドサインが「締結済」があったらSalesforceのオブジェクトのフェーズが自動的に変更になる。


回答が見つかりましたか?