こちらではクラウドサインの設定方法についてご説明します。
※製品についてのご説明はクラウドサインまでお願いいたします。

クラウドサイン アカウント連携方法についてはこちらまで


テンプレートから書類を作成

テンプレートの書類ID:
※クラウドサインに書類IDがない場合はエラーになります。


変数ON:トリガーや前のアクションのデータを引っ張って来ることが可能になります。
変数OFF:アシスト機能でアカウントに紐付かれて選択式になります。

タイトル・契約相手の名称:
契約相手の名称は受信者には表示されません。

変数ON:トリガーや前のアクションのデータを引っ張って来ることが可能になります。複数のラベルを選択して利用することも可能になります。
変数OFF:アシスト機能でアカウントに紐付かれて選択式になります。



書類の送付宛先:
メールアドレス・氏名・会社名が入力可能になります。テンプレートに設定されている送付宛先の数だけ設定してください。設定した順序がそのまま送付順になります。

変数ON:トリガーや前のアクションのデータを引っ張って来ることが可能になります。複数のラベルを選択して利用することも可能になります。
変数OFF:書き込みたい文字列を入力していただきます。


クラウドサイン側の送付宛先の概要箇所はこちらをご参照ください。

送信者の入力項目の記入:
テンプレート内の送信者の入力項目数だけ、項目を追加して記入してください。テンプレート内の入力項目の順番とこのフォームの順序は対応しています。入力項目の種類がチェックボックスの場合に指定できる値は「true」もしくは「false」になります。

変数ON:トリガーや前のアクションのデータを引っ張って来ることが可能になります。複数のラベルを選択して利用することも可能になります。
変数OFF:書き込みたい文字列を入力していただきます。

入力項目の種類:押印・フリーテキスト・チェックボックスの3種類になります。
入力内容:フリーテキストで入力ができます。

項目を追加:入力項目が複数ある場合は項目を追加してください。クラウドサインテンプレート側の入力項目を上から順番になります。

クラウドサイン側の入力項目の概要箇所

メッセージ:
確認依頼メールに追加されるメッセージ

変数ON:トリガーや前のアクションのデータを引っ張って来ることが可能になります。複数のラベルを選択して利用することも可能になります。
変数OFF:書き込みたい文字列を入力していただきます。


転送を許可するかどうか:
受信者に書類の転送を許可するかどうか(参考URL)
原則許可する事を推奨しております。


変数ON:トリガーや前のアクションのデータを引っ張って来ることが可能になります。複数のラベルを選択して利用することも可能になります。
変数OFF:書き込みたい文字列を入力していただきます。

以上です。


連携例:

Salesforceで申込書送付フェーズになったらクラウドサインが 「テンプレートから書類を作成」 するなどが可能になります。

回答が見つかりましたか?