こちらではクラウドサインの設定方法についてご説明します。
※製品についてのご説明はクラウドサインまでお願いいたします。

クラウドサイン アカウント連携方法についてはこちらまで


書類の送信

送信可能な書類ID:

変数ON:トリガーや前のアクションのデータを引っ張って来ることが可能になります。複数をアレンジしたり文字列を間に挟むことも可能になります。
変数OFF:アシスト機能でアカウントに紐付かれて選択式になります。

以上です。

連携例:

Salesforceで見積書送付フェーズになったらクラウドサインが 「書類の下書きを作成」 されてそのまま「書類を送信」するなどが可能になります。



回答が見つかりましたか?