Anyflowの標準機能になります。


標準 日付を変換



日付フォーマット:
変換したいフォーマットを指定してください。フォーマットをカスタマイズする際は、こちらの書式コードを参考に設定してください。

・日付フォーマットの種類

例: 00:00:00 (%H:%M:%S)
例: 0:0:0 (%-H:%-M:%-S)
例: 00時00分00秒 (%H時%M分%S秒)
例: 0時0分0秒 (%-H時%-M分%-S秒)
例: 2020/01/01 (%Y/%m/%d)

変数ON:トリガーや前のアクションのデータを引っ張って来ることが可能になります。複数をアレンジしたり文字列を間に挟むことも可能になります。
変数OFF:書式コードを参考に値を設定してください。


変換対象の値:
iso フォーマットに準拠した日時を指定してください。(例: 2020-01-01T12:30:00+09:00)


変数ON:トリガーや前のアクションのデータを引っ張って来ることが可能になります。複数をアレンジしたり文字列を間に挟むことも可能になります。
変数OFF:書式コードを参考に値を設定してください。


以上です。


回答が見つかりましたか?