こちらでは会計freeeの設定方法についてご説明します。
※製品についてのご説明は会計freee販売店までお願いいたします。



会計freee アカウント連携方法についてはこちらまで


会計freee 取引先を作成


事業所名:


変数ON:トリガーや前のアクションで連携されたデータから一覧を設定することが可能になります。

変数OFF:会計freeeアカウントの紐付かれて事業所を設定することが可能になります。


取引先コード:


値を入れていただくか、トリガーや前のアクションで連携されたデータから設定をすることが可能になります。

取引先の住所情報

値を入れていただくか、トリガーや前のアクションで連携されたデータから設定をすることが可能になります。

取引先への請求書送付方法

入力できる項目は「メール」、「郵送」、「メールと郵送」の3種類のみになります。

変数ON:値を入れていただくか、トリガーや前のアクションで連携されたデータから設定をすることが可能になります。

変数OFF:選択式で「メール」、「郵送」、「メールと郵送」の3種類から選択することが可能になります。

取引先の銀行情報

自社の振込口座になります。

口座が決まっている場合は上記サンプルのように固定値で値を入力することが可能になります。

口座情報が都度異なる場合は、変数をONにしていただき、トリガーや前のアクションで連携されたデータから設定をすることが可能になります。

その他入力項目

文字数制限などに気をつけて入力をしてください。

ショートカット1

ショートカット2

正式名称

カナ名称

宛名の敬称(選択式)

電話番号

担当者 氏名

担当者 メールアドレス

以上です。




連携例:

・Salesforceでフェーズを受注に変更したら会計freeeに取引先が作成されるなどが可能になります。

回答が見つかりましたか?