こちらでは会計freeeの設定方法についてご説明します。
※製品についてのご説明は会計freee販売店までお願いいたします。


会計freee 請求書を作成


事業所名:


変数ON:トリガーや前のアクションで連携されたデータから一覧を設定することが可能になります。

変数OFF:会計freeeアカウントの紐付かれて事業所を設定することが可能になります。


取引先コード:


値を入れていただくか、トリガーや前のアクションで連携されたデータから設定をすることが可能になります。

宛名の敬称:

変数ON:トリガーや前のアクションで連携されたデータから一覧を設定することが可能になります。

変数OFF:選択式で「様」、「御中」、「空白」の3種類から選択することが可能になります。

請求内容:

変数ON:値を入れていただくか、トリガーや前のアクションで連携されたデータから設定をすることが可能になります。

行の種類:選択式で「通常」、「割引」、「テキスト」の3種類から選択することが可能になります。

税区分:会計freeeに紐づかれたデータから取得する事が可能になります。

勘定科目:会計freeeに紐づかれたデータから取得する事が可能になります。

品目:会計freeeに紐づかれたデータから取得する事が可能になります。

部門:会計freeeに紐づかれたデータから取得する事が可能になります。

支払い方法

変数ON:値を入れていただくか、トリガーや前のアクションで連携されたデータから設定をすることが可能になります。

変数OFF:選択式で「振込」、「引き落とし」、の2種類から選択することが可能になります。

日付関連

変数OFF:値を入れていただくか、トリガーや前のアクションで連携されたデータから設定をすることが可能になります。

フォーマットは yyyy-mm-dd にしてください

請求書のレイアウト

変数ON:値を入れていただくか、トリガーや前のアクションで連携されたデータから設定をすることが可能になります。

変数OFF:選択式で会計freeeで利用できるレイアウトから選択することが可能になります。

※原則OFFで利用してください。

請求書の消費税計算方法

変数ON:値を入れていただくか、トリガーや前のアクションで連携されたデータから設定をすることが可能になります。

変数OFF:選択式で「外税表示」、「内税表示」の2種類から選択することが可能になります。

※原則OFFで利用してください。

※その他入力に対しての注意事項

  • 文字数制限などに気をつけて入力をしてください。
  • 請求内容が複数行ある場合は請求内容を更新アクションを次のアクションで利用してください。請求書の作成アクションは1行請求対応のみのアクションとなります。




連携例:

・Salesforceでフェーズを受注に変更したら会計freeeに取引先が作成されるなどが可能になります。

回答が見つかりましたか?