こちらではkintoneの設定方法についてご説明します。
※製品についてのご説明はkintone販売店までお願いいたします。



kintone アカウント連携方法についてはこちらまで


kintone レコードを作成


kintone APIトークン (複数アプリにまたがる場合):
ルックアップや関連レコードが設定されたアプリの操作を、複数 API トークンをつかって行う事が可能になります。

参考URL(cybozu developer network):複数 API トークンを使ってできること


作成するレコード:
kintone上に作成したいレコードの作成方法になります。

レコード例

コピーしてご活用ください。

{"氏名": {"value": "Bの値一覧"}, "会社名": {"value": "Cの値一覧"}, "住所": {"value": "Dの値一覧"}, "メール": {"value": "Eの値一覧"}}

レコードの書き方

{"氏名": {"value": "Bの値一覧"}の入力箇所

氏名    :kintoneのフィールドレコード名
Bの値一覧 :フィールドレコードに入れたいデータ


詳細はこちらをご参照ください。

以上です。




連携例:

・問い合わせフォームに入った顧客データをkintone内の「レコードに作成」したいなどが可能になります。

回答が見つかりましたか?