Anyflowの標準機能になります。


標準 スケジュール


スケジュール実行間隔:
ワークフローを動かしたいスケジュール実行間隔を設定できます。

例:

毎朝10時に会社のMVVを投稿して従業員に浸透させたい。

毎月1日に勤怠と経費の締めをアナウンスしたい。

5分に1回カレンダーの情報を引っ張ってきて更新されたらSlackに投稿させたい。

などが可能になります。


回答が見つかりましたか?