こちらではSmartHRの設定方法についてご説明します。
※製品についてのご説明はSmartHR販売店までお願いいたします。


こちらのトリガーを利用するためには事前にSmartHRのアクションにてアカウントの紐付けをしていただく必要がございます。

SmartHR アカウント連携方法についてはこちらまで

SmartHR 従業員が作成されたら実行

SmartHR の組織 ID

URLのhttp://anyflow.smarthr.jp/のanyflowの部分を入力してください。

SmartHR側の設定になります

SmartHR にログインしていただき画面右上部から「共有設定」を選択

下部にスクロールしていただき「アプリケーション連携」を選択

アプリケーション連携内の「Webhook」を選択

「Webhookを登録する」を選

URL:
SmartHR の組織 IDを入力していただくと出現するAnyflow側から発行しているURLを設定してください。

Webhookの用途・説明:

わかりやすいように記載ください

例:Anyflow連携用

シークレットトークン:

SmartHR の組織 IDを入力していただくと出現するAnyflow側から発行しているURLを設定してください。

送信のトリガーとなるイベント

必要なものにチェックしてください

※従業員の作成の場合は従業員の追加が必要になります

以上、入力していただきましたら、「登録する」を選択

以上です。

例:

SmartHRで従業員が登録されたらSlackに通知する。

SmartHRで従業員が登録されたら G Suite、勤怠や給与ソフトのアカウントを発行する。

などが可能になります。

回答が見つかりましたか?