保存してテスト

保存してテストをしていただくとレコードやアクションを本番環境に実行する前にテスト実行が可能になります。

内容は下記2種類あります。

テスト実行に成功しました!

テスト実行に失敗しました

----------------------------------------------------------------------------------------------------

テスト実行に成功しました!

成功すると
実行したことによって取得できる値の表示の確認ができて、取得した値は以降のアクションで変数の展開が可能になります。

----------------------------------------------------------------------------------------------------

テスト実行に失敗しました

失敗すると
エラー内容が表示されます。表示内容によってエラーの修正を行い再度保存してテストを実行してください。

回答が見つかりましたか?